(平成28年9月7日更新)
9月14日〜9月20日
上大岡京急
9月22日〜9月28日
吉祥寺東急 山形の物産展
10月26日〜10月31日
浦和伊勢丹

◆ 伝統技法〈組子〉で作られた木製の照明器具
◆ 小スペースに置きやすい小型のあかり
◆ 最小サイズは12センチ角のキューブタイプ
◆ 青森ヒバを使った純国産品
◆ 手作りによる徹底したモノづくりへのこだわり
◆ 白熱灯の柔らかくあたたかな光
◆ 組子が描き出す光と影の幾何学模様
◆ LED電球使用可能

◆ 伝統技法〈組子〉で作られた木製の照明器具
◆ リビングやホールなどに適した中・大型のあかり
◆ 最大サイズは高さ125センチ
◆ 青森ヒバを使った純国産品
◆ 手作りによる徹底したモノづくりへのこだわり
◆ 白熱灯の柔らかくあたたかな光
◆ 組子が描き出す光と影の幾何学模様
◆ LED電球使用可能

◆ 伝統技法〈組子〉で作られた木製の照明器具
◆ ペンダントタイプ(引っ掛け型)のあかり
◆ 今使っている照明器具と交換可能
◆ 青森ヒバを使った純国産品
◆ 手作りによる徹底したモノづくりへのこだわり
◆ 省エネへの気配り LED電球付属
◆ 壁付けタイプも有り(用工事)
◆ コード長は調節可能
麻の葉あかり キューブタイプ
人気の麻の葉組子のあかりです。
麻の葉は古来より縁起がいいとされ産着などに使わ
れてきました。
その麻の葉の組子を5面に配し正6面体にしました。
美しい幾何学模様の麻の葉は、いつまでも飽きの来
ない優れたデザインです。
一辺12センチの小型タイプで置き場所を選びません。
常夜灯としても使える消費電力10ワット。

集 Mサイズ
〈集〉3部作、最後の一品が登場です。
長らく中間のMサイズが不在となっていましたが、満を持
しての登場です。
Sサイズから10センチ高くなりました。二回りほどスケール
アップ。
床置きでも机上でも使えるほど良い大きさは使い道が広
がります。
光源が40ワットになり光の広がりが大きくアップ。組子が
描き出す影模様がより緻密で美しくなりました。
林 久雄 プロフィール
1950年
1987年
1988年
1989年
1992年
1998年
2001年
2002年
2003年

2005年

2006年
山形県米沢市に生まれる
工芸都市高岡'87クラフト展 「グランプリ受賞」
朝日現代クラフト展 「奨励賞受賞」
新山形ブランドコンテスト 「大賞受賞」 
通産省グッド・デザイン商品選定 「ビルディング」
山形エクセレントデザイン 「奨励賞受賞」
フィラデルフィア美術館クラフトショー招待出品
日本の現代クラフト展 Vizo(ベルギー)
山形エクセレントデザイン
「エクセレントデザイン賞受賞」
日本のクラフト”手”もうひとつの生活
「クラフトセンター賞受賞」
山形エクセレントデザイン 「奨励賞受賞」

パブリック・コレクション
華・都路行灯 >> 米国 フィラデルフィア美術館
ビルディング >> 高岡市デザイン工芸センター
社名 林木工芸 有限会社
    ハヤシモッコウゲイ ユウゲンガイシャ
代表 林 久雄 (ハヤシ ヒサオ)
設立 平成2年6月1日
所在地 〒992-0052 山形県米沢市丸の内2丁目4-26
TEL・FAX 0238-23-9376
事業内容  木製照明器具の製造販売